奥多摩Walker|diary.okutamawalker.com

甲籠山1077m・鍋割山1084m・大岳山1267m|2016年初詣

お参りも済んだので先へと進みます。今日の大目標は大岳山でもう何回も来てるのですが奥多摩ではかなり好きな山。山頂が狭いので今日のような早朝に到達したいですね〜天気もいいし!

▲神社から階段を下りると途中に近道がある。ここは以前も来た記憶が・・・。

▲途中に眺望の良いところがありましたがあの山なんていう山かな〜?かなり遠いけど

▲ハイキングコースの分岐を「奥ノ院・鍋割山・大岳山」方面へ行きます。奥ノ院と鍋割山は今回が2回目です。

▲ここを入ると結構山道っぽくなる。僕の知ってる御岳山近辺では一番歩甲斐のある山道だと思う。

▲岩場を巻くトラバース。鎖はあるが普通に歩けます

▲結構急な山道を登り奥ノ院に到着!ここでもお参りをします

▲神社の裏手の高台が奥ノ院(甲籠山)1077mの山頂です!ここは大塚山から御嶽神社へ向かう途中からタケノコの頭のような山容が良く見えます。

▲山頂には標識は無く東京都の基準点がありました

▲進行方向には大岳山が見えます。

▲奥ノ院からの下りは岩がゴツゴツ。やや急なところもあり慎重に下ります

▲そして巻道(本来のコース)と合流!

▲合流して少し歩くと今度は鍋割山への分岐

▲ここの登りはそれ程急ではなく歩きやすい。鍋割山1084mに到着!

▲休憩は取らずに先へ。下るとハイキングコースに合流します。緑の看板は「スカウトの森」のものでした。前から気になってたんだけど何なんでしょ?地図にも無いし

▲気にもなりつつ先へ。プレハブ小屋のような建物が見えてきました。ここから山道が険しくなります

▲コースも狭くなり露岩も増えてきます。でがしっかり足元を確認しながら歩けば危険な感じはしません。

▲ここにも鎖。積雪時でもなければ使わなくても十分な道幅があります

▲階段。この先で下りの階段

▲ここの岩場の鎖はあると安心かな?使わなくても通れました

▲そして休業中の大岳山荘の前まで来ました。まぁ〜再開の見込みは無いでしょうね〜かなり朽ちてきました。このまま雲取ヒュッテみたいになるんでしょうね〜

▲大岳神社もお参りをします!ガラガラと鈴を鳴らしパンパンですw

▲神社から山頂はさらに険しい岩場になります。3点支持で登りましょう。長くは続かないので慎重に。こういうところは楽しい。奥多摩の一般ハイキングコースでは珍しいのではないでしょうか?

▲最後の山頂直下のガレ場を登れば

▲大岳山山頂1267m!富士山ドーーーーんです!快晴で気持ちイイ!まだこの時間なので山頂は空いている。ハイカー6名程でした。

▲しばらく景色を楽しんでご飯にします。今日はガスストーブも持ってきたのでカップうどんにおにぎり。いつもの山メニュー笑です。大岳山の頂上のベンチが使えるなんて!早起きは三文の徳ですな〜www
>>>つづく

丹三郎山667m・大塚山920m・御岳山929m|2016年初詣

今年(2016年)最初は初詣を兼ねて御岳山へ行くことにしました。
コースは過去2回ほど歩いた古里駅からのコースにして、また山頂を踏んでいないマイナーピークの丹三郎山と天地山へも寄ることにしました。一応バリエーションルートになるのであまり気が進まないのですが・・・。

▲始発を乗り継いで古里駅に到着。まだ6時まえで真っ暗でした。そうか〜冬はまだこんなに暗いんだな。

▲駅で明るくなるのを待とうかとも思いましたがヘッドライトもあるので出発することにしました。万世橋を通過

▲そして登山道に到着!まだ真っ暗です。(ここからのルートはコチラにもあります)

▲しばらくは登りが続きます。少しづつ明るくなってきました。

▲もう少しで「飯盛杉」かな?と思って上を見上げると・・・なんとガードレール!

▲うわ〜〜〜知らないうちに林道が出来てました。う〜んここは静かでイイ感じの道だったのにな〜少し残念です。林道を跨いで対面に登山道が続いています。

▲林道通過から少しで「飯盛杉』に到着!もう上に尾根が見えています

▲尾根に上がると道標があります。道しるべは左が大塚山・御岳山、手前(登ってきた方向)が丹三郎・古里駅ですがここを右へ尾根の上を歩きます。

▲踏み跡はしっかりしていてリボンもあります。この先の小ピークが『丹三郎山』のはずです

▲それらしきところへ到着すると杉の木の幹にありました

▲丹三郎山667m記念写真。この飯盛杉やや上から下るコースだと簡単に到達できます。路も明瞭で時間的には3〜5分程度です。これではつまらないので機会があったら下の里から登ってみようと思っています。まぁ〜一応山頂は踏んだと笑

▲そして来た道を引き返し大塚山へと向かいます。ここは歩きやすいです

▲大塚山を巻いて御岳方面へ抜ける巻道との分岐。今日は巻かずに山頂目指します

▲そして大塚山920m山頂!ここももう3回目かな?

▲休憩は無しで御岳山へ向かいます。途中右側に眺望がありました

▲そして巻道と合流。ここは富士峰園地と宿坊方面との分岐ですが富士峰園地へ向かう階段手前には策がありは入れませんでした。

▲まだ早朝なのでお店は開いていません。ここら辺りで人も見かけるようになりました。みなさんどうやって来たのかな〜?宿泊客ではなさそうだし。表参道を歩いて来たのかな?

▲御岳神社へお参りをして今日の目的の一つを達成!

▲ついでに御岳山の山頂も踏んでおきます。

▲御岳山の山頂(標識)は神社の最奥の高い所(山頂だから当たり前ですが)にあります。
>>>つづく

九鬼山970m・馬立山797m・沢井沢ノ頭740m・御前山730m・神楽山674m|山梨百名山

山梨市観光協会さんより「山梨百名山」のパンフを頂いたのでこれを機会に山梨百名山の未踏峰に行ってみようと九鬼山へ行くことにしました。約2か月振りの山歩きなので丁度いい負荷ではないでしょうか?

▲大月で富士急行に乗り換えて3つ目?禾生駅で下車。この路線は初めて乗りましたが早朝出来たがハイカーがたくさん載っていてみなさん三つ峠山へ行くみたいでした。ここで下車は僕ともう一組だけでした。

▲駅を出て大月訪へ戻る形で国道139号を歩きガイドブックにあった登山口へ

▲標識もあり泡りやすいです。途中にレンガ造りの水路?が通ってる橋のようなものがあった。結構古そうな設備ですが現役で使用されているようです。明治時代のモノかな?

▲そして「杉山新道」と「愛宕神社コース」の分岐。どちらも九鬼山に向かっていますが今日は愛宕神社コースにしました。ちなみに手持ちのガイドは「杉山新道」を紹介しています。

▲そして愛宕神社でお参りをして

▲7:38 いよいよ山道に突入!

▲九鬼山まで70分!

▲静かな森の中を歩きます。傾斜は穏やかで歩きやすいのですが静か過ぎて熊が出るんじゃないかと少し心配しながら歩きますが鈴は付けませんでした。

▲しばらく上ると左から田野倉駅からのコースと合流します。道標に『九鬼山』とあったので一瞬山頂かと思いましたがまだ歩きはじめて20分ぐらいのなのでそんなはずはないと思ったがwww

▲その合流地点からは富士山が良く見えました。やはり白くなった富士山は綺麗だな〜

▲看板もあるがここからやや急坂になる。ここに書いてある「↑急坂登山道」はかなり薄くなっていたので新登山道を登った。こちらは急坂とはいってもそれほどでもない

▲少し上ると「天狗岩→眺めよし」の標識がある。お!これは寄り道しよう!

▲そして天狗岩へ着くとハイカーが一人いたが、確かに眺めは最高!目の前に富士山が見える。写真はしょぼいけど実際にはホントに綺麗だった。ここはお勧めスポットですね〜ついでに小休止しました。

▲先ほどの標識まで引き返し山頂への山道へと戻ります

▲九鬼山の山頂直下にある富士見平からの富士。ここも良いけどさっきの天狗岩からの眺めの方が開放感があって良かった

▲富士見平から山頂はすぐそこ。九鬼山970m到達!

▲山頂には2等三角点もあります。しかしあまり景色は開けておらず少し休んで先に進みました

▲一度下ります

▲ここは金礼峠かな?ここでも2人組ハイカーに会いました。

▲振り返ると九鬼山。ここから馬立山へ登り返しになります

▲鞍部はやや平坦でテントが張れそうなスペースがありました。張る人は居ないでしょうけど

▲馬立山手前は結構急です。

▲しかし距離は短いので一気に登ってしましました。逆光ですが馬立山797m記念写真〜!

▲ここからは経験済みのコースです。御前山へ向かいます。

▲途中、沢井沢ノ頭というピークがあった。標識が無かったら分からないような山頂です。

▲そこから下ると菊花山との分岐。菊花山も富士山が良く見えるのだがまだまだ時間も早いので先へ進みます。

▲もうここ辺りは歩きやすい尾根道が続き

▲大月駅との分岐を過ぎると

▲もう御前山の山頂720mです!山頂標が前回来た時と変わってました。

▲御前山からみる富士山

▲同じく九鬼山。狭い山頂に大グループが3パーティーほど居て身動きできないような状況でした。何とか座る場所を確保して早いですがお昼ご飯にしました。おにぎり2つをリンゴを食べ景色を眺める。この下は断崖絶壁なのだが当然柵等はない。この山は低いけど見晴らしは良いね〜

▲大休止して神楽山へ向かいます。ここも前回歩いた道

▲猿橋駅への分岐を見送ると

▲もう神楽山。ここは眺望もなく地味な山頂ですが一応ピークハント笑

▲神楽山には3等の三角点があります。

▲先ほどの猿橋駅分岐までもどり下山します!

▲この下山コースが意外と曲者で結構急だったりガレてたりでこのあたりのコースでは一番歩き応えがありそうでした。今回は下りでしたが歩きにくかった。

▲途中は落ち葉が堆積していてスベルスベルwww

▲まぁ〜しかし急で単調な下りでしたがゆっくり下山してきました。途中眺望は無かったと思います。

▲もうすぐ猿橋駅!正面尾山は百蔵山かな?午前中に下山しちゃいました
大月近辺の山は低いけど景色がよく特に富士山を見るには手軽で良いエリアです!今日は山梨百名山の九鬼山目当てでしたが少し足を延ばして縦走しました。天気も良く楽しかった!
=====END=====

<< | 2/48PAGES | >>