奥多摩Walker|diary.okutamawalker.com

百尋ノ滝・川苔山1363m|川乗橋バス停から

今年2回目の山歩きは奥多摩の川苔山へ来ました。川苔山は過去2回ほど登っていますが川乗橋側からは登ったことが無かったので百尋の滝も寄ってみることにしました。

▲何時ものように始発を乗り継いで奥多摩駅へ。まだ真っ暗です

▲駅に着くのが6時で東日原行きのバスが6時27分なのでやや出発まで待ちです。

▲川乗橋バス停に着く頃には明るくなってました。ここでは私含め4名下車。一人はバスを降りるなりすぐに歩き出した。

▲僕も少し身の回りをチェックして歩き出す。残り2人はまだ記念写真などを・・・。バス停からはしばらく林道を歩きます。林道っても舗装されているので普通の車道のようです。今回からサロモンのCOSMIC 4D 2 GTXトレッキングシューズを履いていますがこれがグリップ力がありこんな路面でも全く滑る気配すらありません。今まで履いていたナイキのTAKAOとは偉い違いです。

▲少し長めの林道を歩き登山口に到着しました!これも今日初めてのトレッキングホールを使ってみます。雪は若干ありますがアイゼンは付けないで登ります。

▲さぁ〜出発!

▲途中にいくつもの小さな滝があります。山道はまだなだらかで起伏もなく歩きやすいです。足元もニューシューズがしっかりホールドしていて不安は全くない

▲途中何回か徒渉するところには橋が架かっている。雪が多くなってきた

▲サロモンとトレッキングポールの装備でこのぐらいの雪では問題なし

▲だんだん山道っぽくなってくる。

▲やや急な九十九折れの山道を登ると百尋の滝への分岐に到着。滝方面へはトレースが無かったがロープがあったので夏道をトレースできた。

▲百尋ノ滝。雪が無ければ滝つぼ近くまで寄れるようですが今日はやや離れた位置で記念写真。写真を撮っているとソロのハイカーが来たのでお互いに記念写真を撮りあい僕は先に出発!

▲百尋ノ滝から登山道は急な登りになって来ます。

▲途中に露岩もありアイゼンは付けません

▲結構急です

▲このあたりでやや道があやふやになっていたがトレースにしたがって進む。勿論地図も確認しています。

▲谷筋から尾根に上がる。

▲トレースをなぞって尾根通しに登っていくと川苔山東の肩に到着!ここは来た事があるので見覚えがあります。

▲肩から山頂へ。気持ちの良いプロムナード

▲そして川苔山1364mに到達!確か3回目 無人です

▲雲取山方面。残念だが雲で遠くのお山は隠れてる。

▲富士山も今日はダメ!まぁ〜でも青空が見えるので気持ちイイ!空気が澄んでる感じがする。まだ早いけど軽食を・・・今日は大福2ツですwww
>>>つづく

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック