奥多摩Walker|diary.okutamawalker.com

天地山981m|2106年初詣

大岳山を後にして今日の裏メニューの天地山へと向かいます。途中までは鋸尾根を下るのですが今回は鋸山は巻きます

▲出だしはやや急な下りです

▲こちら側も鎖及び岩場もありますが手を使って下れば特に問題ありません。まぁ〜注意は必要ですが

▲一応、悪路の注意があります。凍結してると結構怖いかも

▲急坂を下りきると大岳の肩になりなだらかな山道になります。ここから鋸山の山頂直下までは気持ちの良いハイキングコースです。

▲途中のマイナーピークであるオキノ中岩山1100mを通過。山頂と知ってか知らずか?ここではおばちゃんが食事中でした。

▲そして御前山への分岐点!ここを御前山方面へ行き鋸山を巻きます

▲ですがこの道は巻道っぽくは無く鋸山の山頂は巻きましたが殆ど山頂近くまで登り返しがあります。これなら素直に尾根筋を歩いた方が早かったと思います。

▲最後は鉄梯子を上って鋸尾根に復帰しました。

▲さらに鋸尾根を愛宕山方面へ下ります

▲そして三角点まで来ました。ここで地図を確認!記憶ではここから枝尾根を下り天地山へ行くはず・・・。と思ってたが地図を確認すると来過ぎていたようです。地形図の天地山へ向かう破線のところまで引き返します。

▲すると丁度この道標のところが枝尾根の付け根でした。

▲道標の足元には『行き止まり』の板切れが転がっていました。以前は道標だったようですが外されたのかもしれません

▲尾根筋を下って行きます。やや急ですが赤テープもあるので迷うことは無いと思います。

▲左側に鋸尾根を見ながら下ります。枯葉が堆積していて滑ります。急なところは慎重に・・・。

▲下りっぱなしで鞍部にここから登り返しです。ここは岩場になっていますが基本尾根を通していきます。

▲途中、右側に黄黒のロープがありそこをトレースしました。このロープはコースの目印か立入禁止のかもしれません

▲次は尾根を左に外してこちら側にもロープがありました山頂直下はやや急な岩場の登りになりますが3点支持で登れば問題は無いと思います。そして平坦になると・・・。

▲天地山の山頂!981mに到着です!一部欠けていましたが山頂標がありました。

▲記念写真!

▲天地山山頂は思ったよりは広かったw ザックを下ろして今日最後の休憩にしました。

▲山頂から北側のみ眺望が開けています。川苔山方面ですが座位は特定できません。

▲小休止後下山します!12:32 時間的にも丁度いい感じです

▲下山も基本は尾根通しでこちら側にもテープやリボンがあるので問題ない・・・と思って下ってました。

▲一部、尾根が広くなりロストしそうですがやはり尾根の上を歩く。時々GPSで捕捉しました。

▲尾根筋を下ってくると伐採した後のような所へ出ました。この先にも木の幹にピンクのテープがあったので歩きにくかったが真直ぐに尾根を通した。

▲下ると右側に作業道のようなものが合流した↑写真は合流後振り返って撮った写真です。写真右側が降りてきた尾根。左側が作業道。おそらく途中尾根を右に外してこの作業道に出る道があったのだと思います。

▲上の写真からは作業道を緩やかに下って行きます。

▲先へ進むと何故か緩やかな登りに・・・。帰宅後ヤマレコを見たらこの道は間違えのようです。実際先まで行くと道がなくなっていました。

▲仕方なく植林の中を下ります。もうここにテープやリボンのマーキングはありませんでしたが、先は見えている距離なので歩きやすい所を選んで下って行きます。

▲するとようやく林道が見えてきました。

▲このあたりは地形図では道が入り組んでるのですが実際には殆ど道は無くなっています。よく探せば薄い踏み跡があるのかもしれません。↑青が実際に下った所。赤が地形図の実線の道?

▲地形図だとこんな感じでした。

▲まぁ〜無事に下山できたので良いとしますw ちょっとロストしましたが特に危険では無かったしもう里に近かったので無理にルートを探すのはやめて適当なところを下ったしまいました。

▲国道へ出て奥多摩駅に向かいました。まだ正月早々だったので駅のそばの酒屋さんで澤乃井のワンカップを買って帰りました!
=====END=====
01. 甲籠山1077m・鍋割山1084m・大岳山1267m|2016年初詣
02. 天地山981m|2106年初詣

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック