奥多摩Walker|diary.okutamawalker.com

サス沢山940m・惣岳山1341m・御前山1405m|大ブナ尾根

今日は去年行けなかった奥多摩の御前山へカタクリを観に来ました!
去年は丁度カタクリの時期に天候が悪く見送っていたのでした。今日は予報も晴れだったのでチャンス!かな?
奥多摩駅
▲いつものように始発を乗り継いで奥多摩駅へ。もうすっかり日が出てて明るいです。日の出が早くなりました。
奥多摩湖バス停
▲今回はまだ歩いたことのない大ブナ尾根を歩こうと思いますので「奥多摩湖バス停」で下車。私の他2名1組が降りました。カタクリ目当てだと思います。
小河内ダム
▲バス停からは小河内ダム方面へと進む。まだ遅咲きの桜が1本だけ花を咲かせていた。
登山口の木段
▲ダムの堤防を渡ると登山口。道標もあり迷うことはありません。近くの公園に昔のドラム缶橋の実際に使われていたものが展示してありました。
大ブナ尾根へ
▲目指すは御前山!頂上公園はスルーw この手の公園は体外・・・
急坂
▲大ブナ尾根に上がるといきなりの急坂です。少し歩くと息が上がりますが先週歩いたおかげで足は出ます
急坂の連続
▲急坂が続く。根っこの階段を上る
広い尾根になった
▲ようやく少し落ち着いた。尾根が広くなっていてなだらかな所へ出た。まだお目当てのカタクリは見当たらない
東京水道局の施設
▲出だしの急坂ほどではないが何回かの登りを繰り返し広場のようなところへと出た。策の中は東京水道局の設備のようでした。
奥多摩湖を見下ろす
▲そこからは奥多摩湖が見下ろせ以前歩いた榧ノ木尾根も良く見える。ここで水分補給と小休止
サス沢山の山頂
▲多分ここがサス沢山の頂上だと思うが山頂を示す標は見当たらなかった
サス沢山

念のため
スマホのGPSで確認すると
やはりサス沢山の山頂で間違いないようだ
しかし地図にある三角点は見つからなかった

結構探したのだが・・・。


まっイイか〜www









少し急な登り道
▲さて!先へ進みます・・・がいきなりの急坂
岩場
▲でしたがサス沢山を過ぎるとそれほど急な登りは無くなった。多少写真のような岩場があるけど危険な感じは全くなく歩けます。
財団法人国立公園協会
▲しばらく歩くと右手に財団法人国立公園協会の立札?があった。意味あるのかな?
東京市の標
▲そしてここにも『東京市』の石杭。
ようやくカタクリ発見
▲そしてようやくカタクリ発見!つーてもまだ開いていないwww 帰宅後知ったのですがカタクリは日が当たって少し暖まらないと開かないそうです。ですので早朝来たのは大失敗。。。ですがあまり混んでる山道を歩くのは嫌なのでどっちもどっちかな?
緑の葉が鮮やかな植物
▲山道は綺麗になってきて両脇に緑の葉をつけた植物があった。名前は判らず
木段
▲そして急な木段を登ると
惣岳山記念写真
▲惣岳山1341mに到着!ここは3回目です。この時はまだ朝早かったので来た時は無人でした。給水休憩をしていると一眼レフを持ったかたが登って来て少し会話。やはりカタクリを撮りに来たそうで枚と気来てるらしいです。その方の話ではここ惣岳山から御前山のピークまでが群生地らしく期待が膨らむ!
またもやカタクリ
▲お話の通り山道の両脇に少しづつカタクリが現れる。ちなみにこのあたりのコースには策がありカタクリを保護してるらしいです。
カタクリ
▲まだ開ききっていません。群生とはイイがたいけどチラホラ咲いていました
眺望ベンチ
▲御前山山頂直下の見晴らし。ベンチもあります
ダメダメ富士山
▲そこからは富士山が見えるのですが今日は霞んでてイマイチ(肉眼ではもう少し見えました)
無人の御前山山頂
▲そして御前山1405mに到着!ここも3回目。いつもはハイカーで賑わっているのだがここも無人でした。
御前山三等三角点
▲御前山三等三角点
御前山記念写真
▲一応記念写真www まだ8:25 早く来過ぎた感が・・・。カタクリを知ってる人はこんなに早く来ないのだろうな〜この後の予定は特に考えていなかったので無人の山頂でのんびりしていたら数人登ってきた。その中の大タワ方面から来た方にお話を聞くとこの先鋸山まで結構咲いているとの事でした。今回ソーヤの丸デッコ方面へ下ることも一案だったが取敢えず今日はカタクリを見に来たのだから鋸山方面へ下る事にした。
>>>つづく

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック